ミラレ金屋町富山大学生着物ファッションショー1日目(2019/9/21)

去年はじめて訪れたミラレ金屋町。

どのようなイベントかをよく知らなかった上、ミラーレス一眼を買って3ヶ月での貧弱な装備とポートレート撮影の知識・経験が少なすぎた結果、せっかく何人かに撮影させてもらったにも関わらず、残念な写真ばかりになってしまった。

あれから1年、装備はプロに匹敵するものとなり、よさこいとおわらで女性の撮影と現像の経験を多く積んだ。

1年前のリベンジを果たすときがやってきたのだ。

この日は曇り空。太陽光が柔らかくなるので無駄に直射光があるよりも女性の撮影には適している。

ファッションショーは13時からの予定。11時前に会場に到着し、ファッションショーが始まるまでに声をかけて撮影させてもらうことにする。

すでに普段よさこいなどでよく見かけるカメラマンが撮影を開始していたので便乗する。

ロングヘアの学生が多い中、このショートヘアの学生はインパクトがあるので覚えやすい。

何人も撮影していると、インパクトがある学生以外は撮影した学生かどうかがわからなくなる(笑)。

悪くはないが、自分が撮りたいのとはちょっと違う。

やっぱり背景をボカして撮りたい。でなくては明るいレンズを使っている意味がない。

ということで個人行動し、背景と距離がある場所で撮影。

天候のせいもあるのか、去年に比べてかなり人が少ない印象。カメラマンも少なく、数人しか見当たらない。

残念だったのは去年見かけた学生をほとんど見かけないこと。去年と同じ学生でリベンジしたかったのだが。。。

通りすがりの仕事中の女性も撮影。

見かけるのは多くが暇そうな1年生。高学年はいろいろ裏でやっているのであまり歩いていない。

モデル力が非常に高い学生発見。しかも美人。すごい。。。

もはや普通の人はプロが撮った写真と区別できないだろうな。

さてメインのファッションショー。

13時予定が雨が心配だと言うことで12時からになり、なんだかんだで結局12時半から開始。

予定が早まったせいで見られなかった人もいるんだろうな。

残念だったのが、去年よりも規模が縮小されていたこと。去年は1日2回、違う衣装でやっていたが、今年は1日1回だけ。しかも2日間同じ学生で内容も同じ。

歩くルートも全く違う。今年はポケットパークの周りを一周。撮影的には去年の直線的なルートのほうが望遠で撮影できてよかったかな。。。

学生達は3ヶ所でポージング。さほど人は多くないので容易に撮影できる。

衣装のテーマは時代で奈良から令和までの10の時代を表現しているらしい。

アナウンスもされているが、撮影に夢中で聞いている暇がないのでどの衣装がどの時代なのかわからない(笑)。

たぶん奈良から令和まで順番になっているのだろう。

雨がわずかにぱらついてくる。

PCで見て気付いたがマニキュアの色も衣装に合わせているっぽい。

何か小悪魔ちゃん的な学生。コスプレイヤーにいそう。

このファッションショーの最中にまさかのトイレが我慢できなくなる。

あわててトイレに行き、戻る。何人か撮影できなかった(´・ω・`)

最後は何故か舞子さん。

ポケットパークの周回終了後、石畳通りを端から端まで練り歩く。

整理役の学生も撮影。

やっぱりパレードや行列の撮影が画になるので楽しい。ついていくのが大変だけど。

カメラ目線ありがとうございます。

またしてもカメラ目線ありがとうございます。

サービス精神旺盛なのかでかいレンズが目立つのか(笑)。

端っこの般若家の前で勢揃いし、再びポージング。

道が狭いので全く距離が取れず、アップばかりになる。

ファッションショー終了後は学生達が記念撮影していた。

ショー終了後15分くらいで観客も学生もカメラマンも少なくなる。

最後に通りかかった学生を撮影。

去年のリベンジは果たせたかな。

人多い、夜、顔認識使えないという三重苦のおわらに比べると、ある程度まともなカメラとレンズならば撮影が簡単すぎていくらでもいい写真撮ることができてキリがなくなるのが難点(笑)。

また来年と思っていたが、次の日も来てしまうことになる。

関連記事

本当は石川県金沢市の祭りに行く予定だったのだが、台風接近で天候がかなり怪しい。わざわざ金沢まで行った挙げ句中止は嫌なので、割と近いミラレ金屋町に前日に続いて訪れた。[sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

最新情報をチェックしよう!