ハナマチ・ロマンティスク花魁撮影会2021 in 氷見

今年もコロナでほとんどの祭り・イベントが中止で桜・チューリップ・紫陽花くらいしか撮るものがない。。。と思っていたら、なんと花魁撮影会なるものが氷見にかつてあった遊郭跡の「無尽蔵」で開かれるというではないか。

40分1万円。有料の撮影会は初めてだったので少し迷ったが、自宅近くで他のイベントもなさそうなので予約。

撮影会当日は雨で、少し早めに行ったつもりだったが、近くの無料駐車場はすでにギリギリ。

複数のイベントが同時並行されており、どこで聞きつけたのか思っていた以上に人出が多い。

受付を済ませた後、氷見にこんなところがあったのか~とか思いつつ、撮影会開始まで適当に建物内を撮影。

花魁モデルは氷見市出身?の島絵理菜さん。

メッセージカードをもらった後で撮影会開始。

とりあえずは立ち姿から。普通なら女性は明るく撮るのだが、やや暗めでコントラストや彩度を上げた方が花魁っぽい雰囲気がでるかな?

後から見返して不思議に思ったのだが、この写真いつ撮ったのか記憶が無い(笑)。

続いて扇をもって座り姿。

どうしても低めのアングルが多くなるから15分くらいで結構疲れてくる(笑)。

扇からキセルに変更。

カメラ目線はそれだけでインパクトがありますね。

今回の撮影は24mm、50mm、85mmで。

念のため135mmも持ってきていたが、予想通り使うことはなかった。

総撮影枚数約400枚。1分あたり10枚の計算になる。

他のカメラマンと比べて多いのか少ないのかわからないが、自分の撮影スタイルではいつもこのくらい。

ラスト10分間ほどは花魁といえばまさにこんな感じのイメージというポージングで。

背景の壁紙感が強いので、光を追加(笑)。

少し落ち着いた感じに仕上げてみる。

予定通り、40分で撮影会終了。

400枚のうち最終的に残したのは30枚ほど。撮れ高が50枚、100枚あっても使い道がないので十分かな。

1万の価値が十分にあった神イベントでした~(`・ω・´)

最新情報をチェックしよう!