氷見市磯部神社 満開のヤマフジと散りゆくヤマフジ(表年)(2021,2019)

ヤマフジは咲き乱れる表年とあまり咲かない裏年が交互に来るらしい。

2019年に訪れたときは表年だったので、2年たった2021年の表年に再びやってきた。

正直言うと一度撮影したので再び行くつもりはなかったのだが、ここ10年で最高レベルという話を聞きつけて訪れた次第である。

ちなみに、氷見市のホームページでは毎年開花状態が掲載されている。

2年前に来たときは「まあこんなもんかな」という第1印象だったが、今回は「おお~っ」と圧倒された。

まずは2021年の写真から。下部の方に2019年の写真も載せておく。

規模がわかりやすいように人と一緒に撮影したのがこちら。

テレビで取り上げられた影響もあってか、訪れる人は2019年のときの5倍以上いる印象。

ほとんどひっきりなしに人が訪れる。2019年はスカスカだった隣接する駐車場(空き地)も結構埋まっている。

これでも大雪の影響で中央部を少し切り取ったらしい。

もっふもふのヤマフジすごいです~

一通り全体像を撮影した後は一部をアップで撮影。

自分の好みでふんわりした感じに仕上げております。

最後に神社的な写真も撮影。

枝のねじれがすごいです~

30分ほどで撮影終了。

数日後、あえて雨の日に再び訪れてみた。

フジの絨毯が見事です~

最盛期は過ぎ、自分以外誰もいない。

全景を撮影後、雨に濡れるヤマフジをアップで撮影。

例によってふんわりと仕上げる。

ふんわりがイメージ通りにならなかった写真は渋く仕上げることにした。

30分ほどで撮影終了。


以下は2019年の写真。

最新情報をチェックしよう!