金沢市香林寺の赤白ピンクの彼岸花2021

9月下旬、石川県金沢市に全国的にも珍しい白い彼岸花が群生するお寺があると聞いてやってきた。

水に濡れ濡れのお花の写真が好きなので、天気予報を見て確実に雨が降る日を狙ってきた次第である。

駐車場はお寺の門の中に入ったところに数台分のみだが、平日の雨の日ということもあり他の見学者はごくわずかなので無事駐車できた。

拝観料500円を支払い、彼岸花が咲いているというお庭の撮影開始。

 

入り口付近にはいい感じの苔と可愛いお地蔵さん。

学校の教室1.5個分くらいの広さの庭の中に約6000本の彼岸花。

見頃だと聞いてからすでに5日ほど経過しており、3~4割くらいがすでに枯れかけ。

彼岸花はピークが短いのでタイミングが難しい。。。

それでも遠目に撮影する分には気にならないかな。

濡れ濡れの白い彼岸花をアップで撮影。

明るい感じと暗い感じはどっちがいいかな。

彼岸花は他のお花とは違いおしべめしべが外に長く伸びるから、雨に濡れると水滴がとにかく画になる。

白い彼岸花だけかと思っていたら、ラッキーなことにごく一部赤い彼岸花も咲いている。

彼岸花といえばやっぱり赤かな。

赤い彼岸花は水滴がわかりやすくていい。

なんと、数本だけだがピンクの彼岸花も咲いているではないか。

ピンクの彼岸花は明るい感じがいいかな。

赤とピンクの彼岸花はちょうどピークでベストタイミングだった。

一応暗めにもしてみる。

そうこうしているうちに土砂降りになってくる。

雷注意報も出ていたので急いで全体的な景観を撮影。

せっかくの土砂降りなので、雨が雪のように映るように高速シャッターで撮影。

近くでみるとまばらだった白い彼岸花も遠目から望遠で撮影すると圧縮効果で密集して見える。

じっくり撮影したつもりだったが、さほど広くないこともあってか後から確認したらお庭の撮影は30分ほどだった。

スマホで適当に撮影するだけの見学なら5分もあれば十分かな(笑)。

最後にお寺の内部も撮影。

最新情報をチェックしよう!