富山県唯一の三尺玉!滑川市ふるさと龍宮まつり海上花火大会(2019/7/13-14)

2日間に渡って行われるふるさと龍宮まつり。

花火が打ち上げられる2日目に訪れた。

駐車場が遠い。。。

富山県内では唯一の三尺玉に期待が高まる。

わざわざ滑川まで来て花火だけではもったいないので、同日に行われるよさこいの撮影も一つの目的。

イベント規模の割にチーム数とカメラマンが少ないような気がすると思ったら、どうやら新潟で大きなよさこいイベントをやっていたらしく、みんなそちらに行ったということらしい(´・ω・`)ショボーン

ステージ以外にも同時進行で路上でのよさこい。

総踊り。人数的にちょっと寂しい。

正面からだと入りきらないので横から。

16時過ぎによさこい終了。

しばらく撮影には適さないステージイベントが続くのでラーメンを食べる。

公式の予定にはなかったが、19時頃に大道芸人がパフォーマンスをしていた。

花火直前のステージでは肉体美を披露するイベント。

20人位出ていたが、大会の優勝経験がある人の仕上がりは素人目に見ても違っていた。

20時10分から花火が始まるので30分位前に場所取りと準備を始める。

海岸線は広いので場所取りは難しくない。正面付近で撮影することに。

雨がぱらついている微妙な天候。

予定より少し早く、オープニングでいきなりでっかいのが打ち上がる。

距離が近いので16mm超広角でも入りきらない。

全体が入るかと思って正面付近で撮影することにしたものの、事前に確認していた以外の場所からも打ち上がるのでとても入りきらない。。。

加えて雨のせいでレンズが水滴だらけ。必死にブロワーで吹き飛ばし続ける。

カメラをあっち向けたりこっち向けたりして撮影していたが、一発ずつ撮影してもしょうがないので正面付近に固定し後から複数枚を合成。

うーむw

三尺玉の前のフィナーレ。今一つ。

三尺玉が打ち上がるまでに90秒ほどあるので、フィナーレで終わったと思った人が帰り出す。

近くにいた子供を連れたお母さんが帰ろうとしていたので最後のメインがあることを教えてあげる。

かなり離れたところから打ち上げられるので画角には余裕で入ったが、地上がほとんど入っていなかったことに後で気付いた(´;ω;`)

三尺玉大きいけれど比較できる建造物と一緒に撮らないと大きさが伝わらないなあ。

終了後さっきの大道芸人が再びパフォーマンスしていたが、さっさと帰宅。

おっきいのがいっぱい打ち上げられるのはよいが、音楽もなく他の花火大会と比べると演出が今一つ。

最新情報をチェックしよう!