たてやまドンドン祭り花火大会(2019/8/17)

立山町グリーンパーク吉峰にて「日本一近くで見られる山花火」ともされる花火大会があると聞いてやってきた。

花火は19:30から。17時から様々な催し物があるということで16時半頃到着。

一般客はメイン会場から300mくらい離れた駐車場に誘導される。

まだガラガラだったが、駐車台数が少ないのでギリギリに来ると止められなくなる可能性が高い。

その際は離れた駐車場に誘導されるのかな?ただシャトルバスが出ているので大きな問題はなさそう。

17時前の会場。

ほとんどが家族連れでカップルやカメラマンはほとんどいない。

落書きボックスなるものが設置され、立山町のマスコットキャラクターらいじぃの型どりが利用できる。

17時、開会宣言の後にステージイベント。幼稚園生のマーチングバンド。

今年初という「Pure雷舞」さんのよさこい演舞。

パレスRGアカデミー新体操。

18時前、夕日が見えなくなる。

らいじぃ登場。

越中すえ太鼓。結構長く、30分以上やっていた気がする。

富山県若鳶会による梯子や纏披露。

19:15頃にステージイベント終了。花火に備える。

広場はぱっと見では人で埋まっているが、間は結構空いているので密集度は小さい。

19時半からの予定だが、5分速くカウントダウンと共に花火開始。

話に聞いていたとおりめちゃくちゃ近い。

最前にいる人って5mくらいしか離れていないのではないか。

最大は4号玉みたいだが近いので迫力がある。

他の花火大会と比較するとフィナーレは今一つ。

以上全て一発撮り。以下すべて合成。

約1000発と小規模の花火大会だが超至近距離なので迫力満点。親子でレジャーシートを広げてピクニック感覚で来るのがよさそう。

渋滞なしで帰宅。帰りのシャトルバスには長い行列ができていた。

最新情報をチェックしよう!